東京本社
03-5285-0853
大阪支店  06-6323-7286
名古屋支店 052-205-9711

LDドライバー カード

LDC-3916330シリーズモジュラーレーザーダイオードドライバーは、低駆動電流用のデュアル出力電流源モジュールと、高駆動電流用のシングル出力電流源モジュールで構成されています。 各電流源は、完全に冗長なハードウェア電流制限と複数のレーザー保護機能により、高い安定性と低ノイズ出力を提供します。 これらのモジュール式レーザーダイオードドライバーカードは、8および16カードマルチチャネルモジュール式レーザーダイオードコントローラーで使用されます。

・最大3アンペアの駆動電流を備えたレーザーダイオードドライバーモジュール
・高安定性、低ノイズ出力
・複数のハードウェア電流制限とレーザー保護機能
・LDC-3908またはLDC-3916モジュラーレーザーダイオードコントローラー用に設計

特徴
半導体レーザー保護の基準を設定
レーザーダイオードは、静電放電、過剰な電流レベル、電流スパイク、または電力サージやその他の実験装置からの過渡現象に非常に敏感です。私たちが各機器に実装した最も重要な機能の1つは、ILX Lightwaveで実証済みのレーザーダイオード保護規格です。これらの規格は、断続的な接触保護、調整可能なコンプライアンス電圧制限、スロースタート、短絡回路、正確なレーザーダイオードの順方向電圧測定のための4線式電圧測定などの高度な保護機能をもたらしました。さらに、電流制限設定は、レーザー出力に接続されたデバイスの電圧降下とは無関係です。電流制限回路はメインの電流制御から完全に独立しているため、レーザー出力がアクティブな場合でも、電流制限を安全に調整できます。これらの保護機能の詳細については、「半導体レーザーの保護」アプリケーションノートをご覧ください。

4線式電圧センサー
これらのモジュラーレーザーダイオードカードには、4線式電圧検出機能があります。レーザー電圧は、レーザー電流ドライブ接続とは別の1組の接続を介して検出されます。これにより、電圧制限機能のより正確なレーザー電圧読み取りが可能になります。モジュールを動作させるには、これらの4つのピンすべてを接続する必要があります。

電気的に絶縁されたフォトダイオード接続
多くのレーザーダイオードモジュールには、レーザーの後面放射を監視するフォトダイオードが内蔵されています。通常、このフォトダイオードは内部でレーザーのアノードまたはカソードに接続されています。これらのカードへのフォトダイオードとレーザーの接続は、アースから、および互いに電気的に絶縁されています。したがって、4ピン接続が行われる場合(共通接続なし)、追加のジャンパーは必要ありません。
GNDに関する考慮事項
これらのレーザーダイオードカードのレーザー出力は、シャーシのアースから絶縁されているため、どちらの出力端子もユーザーのオプションでアースできます。
強力なGPIBインターフェイス
ニューポートのモジュラーレーザーダイオードカードのさまざまな制限の検知に対する応答は、GPIBインターフェイスを介して制御できます。ほとんどの上限応答は、ソースをオフにするか、GPIBインターフェースを介して制限警告を出すように設定できます。

製品番号

※各製品番号をクリックすると、Newport米国サイトが開きます。図面や技術情報をご覧になれます。
※記載の標準納期は目安です。詳細はお問合せください。
製品番号
備考
標準納期
税抜価格
Laser Diode Driver Module, 500mA, 6V, Dual Channel, LDC-3908/3916
お問合せ
369,000円
Laser Diode Driver Module, 1000mA, 6V, Dual Channel, LDC-3908/3916
お問合せ
369,000円
Laser Diode Driver Module, 3000mA, 4.5V, LDC-3908/3916
お問合せ
301,000円

この製品を見た方はこんな製品も見ています

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube