東京本社
03-5285-0853
大阪支店  06-6323-7286
名古屋支店 052-205-9711
Newport Japan ニューポート > 製品情報 > Opto-Mechanics > ミラーマウント > Suprema LWD 低波面ひずみSuprema ミラーマウント

Suprema LWD 低波面ひずみSuprema ミラーマウント

Suprema®低波面歪みミラーマウントは、光学的歪みを引き起こさない方法でミラーを保持するように特別に設計されています。 ミラーの固定には3点取り付け方法を使用して、厳しい平坦度の許容誤差で光学素子を穏やかに、しかし確実に保持します。

   ・長期安定性に優れたSuprema ミラーマウントと低波面ひずみマウントのコラボ製品
   ・1点止めのセットスクリュータイプに比べ70%波面ひずみ向上
   ・剛性と安定性に優れたステンレス鋼構造

3点軸方向固定により取り付け応力を低減
軸方向3点取り付けでは、通常のセットスクリューによる1点での固定に比べ、取り付け点が2倍あるため、歪みを引き起こす力は基本的に半分にカットされ、より分散され、軸方向に反対になり、曲げがなくなります。

干渉試験結果-歪みの最小化
干渉試験の結果、Suprema®低波面歪みミラーマウントに保持されたミラーは0.100波のPV(ピークから谷)の平面度を示しています。

通常の先端がナイロンの止めネジの1点でマウントに保持されたミラーでは平坦度が0.600から0.800波PVまで低下するので、大幅な波面歪みの向上が図れます。

ミラーマウントで固定されない1/10波ミラーでは、通常0.090波のPV値が測定される事から、Suprema®低波面歪みミラーマウントが大変優れた平面度特性を持つ事が解ります。

温度変動試験結果
目的:ニューポートのミラーマウントの熱ドリフトテストには、(1)ピーク温度シフト中(均熱期間後)の最大たわみを測定すること、および(2)温度サイクル後の位置のシフトを測定して初期温度に戻すことの2つの目的があります。

方法:ミラーが取り付けられたミラーマウントは、直径1.5インチのソリッドスチール製の台座ポストにしっかりと固定されました。次に、このアセンブリは、温度調節された環境チャンバー内に配置され、ステンレス鋼の光学テーブル上に取り付けられました。テーブルに固定すると、ミラーマウントは公称に設定され、初期位置を設定するためにゼロに設定されました。テスト全体を通して、独立して熱的に絶縁されたCONEX-LDSオートコリメータが反射ビーム位置を監視するために使用されました。CONEX-LDS Autocollimator
最初のアライメント調整後、ミラーマウントを2時間静置して、内部の運動力を平衡化を図り、次に対流加熱によりミラーマウントの温度を10℃/1時間上昇させた。
マウントを完全に加熱するための均熱期間の後、ミラーマウントを元の温度に戻し、サイクルを完了しました。
この温度サイクルプロセスを62時間の間に10回繰り返し、ピーク温度中のたわみと各サイクルの終了後のシフト量を記録しました。

SU100W-F2K-127の温度変動試験結果
ピーク温度時のSU100W-F2K-127ミラーマウントの最大偏向は、ピッチが28 µrad、ヨーが17 µradであり、温度サイクル後の反射ビーム位置のシフトは、ピッチが1 µrad未満、ヨーが1 µrad未満でした。これは、マウントの優れた熱特性を示しています。詳細は添付のグラフに示されています。
SU100W-F3K-127の温度変動験結果
ピーク温度時のSU100W-F3K-127ミラーマウントの最大偏向は、ピッチが18 µrad、ヨーが10 µradであり、温度サイクル後の反射ビーム位置のシフトは、ピッチが1 µrad未満、ヨーが1 µrad未満でした。これは、マウントの優れた熱特性を示しています。詳細は添付のグラフに示されています。

製品番号

※各製品番号をクリックすると、Newport米国サイトが開きます。図面や技術情報をご覧になれます。
※記載の標準納期は目安です。詳細はお問合せください。
製品番号
備考
標準納期
税抜価格
Mirror Mount, Suprema LWD, 1.0 in, (2) 127-TPI Locking Knob Actuators
お問合せ
46,920円
Mirror Mount, Suprema LWD, 1.0 in, (3) 127-TPI Locking Knob Actuators
お問合せ
48,800円

この製品を見た方はこんな製品も見ています

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube