Newport Japan ニューポート > 会社概要

会社概要

株式会社日本レーザー 株式会社日本レーザー
東京都新宿区西早稲田2-14-1
TEL: 03-5285-0861 / FAX: 03-5285-0860

http://www.japanlaser.jp/

日本レーザーは、レーザー専門商社の草分けとして1968年より研究・開発者ならびに各メーカーの皆様のニーズに応えてきました。レーザー関連の情報収集を中心として、世界のトップクラスメーカーとの製品の輸出入、最先端理科学用レーザーから汎用性の高いレーザー装置の提案など、いわばグローバル・コミュニケーションを構築しています。また、多様なニーズに迅速に応えられるよう、商社でありながら技術部門を擁しているのも大きな特徴で、応用分野における技術的提案とともに、海外製品を不安なくお使いいただけるよう、トータルに事業展開しています。

2007年7月1日、MEBO(Management & Employee Buy Out)により親会社であった日本電子株式会社(JEOL)から独立し、現在の株主構成は日本電子株式会社が約15%、残りは全て役員および社員による持ち株会が保有しています。

日本レーザーが取扱うサプライヤは年々増加し、現在は60社以上にものぼり、それらの製品は以下の通りです。

1.レーザー
最先端のレーザー発振器を輸入しており、あらゆる業種・用途に適応できるように、多彩な製品群をラインアップし、お客様の目的や希望内容に沿えるよう、迅速に対応しています。

2.アクセサリー
レーザーの一層の安定度を保ち、さらに応用範囲を広げるため、レーザー周辺の機器も充実させている。光学部品や変調素子、ビームプロファイラー、パワーメーター、保護メガネをはじめ、多岐にわたるアクセサリーを提供しています。

3.計測応用装置
レーザー光のみならず、光などの非接触技術を利用した工業計測/解析装置である。粒子径分布測定、流体のベクトル測定、サーモカメラなど、非接触測定による各種の最先端機器を用意しています。また、半導体・FPD関連製品に使用される検査・測定装置にも注力しており、目的に応じた各種の装置を揃えています。

4.加工応用装置
リソグラフィー、アブレーション、ディスク・マスタリングの装置を主としていますが、カッティング、穴開け、抵抗体のトリミングから、マーキング、溶接、半田付けなど、あらゆるニーズの相談にもアドバイスできることを目指しています。

5.その他
各種オプトエレクトロニクス製品のカタログ販売、同製品および加工システム組込み用レーザーのOEM販売のほか、自社製品の開発と事業化にも取組んでいます。

お問い合わせ先

レーザー&フォトニクス部
TEL: 03-5285-0863(直)  FAX: 03-5285-0860  E-mail: newport@japanlaser.jp

米国ニューポート社について

http://www.newport.com/

1960年代末カリフォルニア州でホログラフィの研究が盛んになされていました。

その当時はホログラフィの研究に必要な光学除振台が市販されていませんでした。大学での研究に要した基礎技術を元にニューポート社は、1969年に光学実験台のベンチャービジネスとしてスタートしました。

以来、高性能光学除振テーブルを初め、光学実験に必要な各種高精度光学部品、装置を世界のレーザー・光学分野の研究機関に送り出してきました。

実験現場からの多様なニーズにあわせた設計と、材料から機械加工にいたる豊富な経験に基づいた製造技術により、今日ニューポート社は光学機械のスタンダードメーカーとして米国を初めとして世界的に評価されています。現在アメリカ・南カリフォリニア州のIrvineの本社にて開発製造を行っているほか、台湾・ドイツ・イギリス他に支社を置いています。また、1992年フランスのミクロコントロール社をその傘下に納め、より高度な製品作りを目指しております。

標準的な製品に関しては米国内の在庫量を増やし納期の短縮を図っています。またより良い製品・サービスをより早く適正な価格でお届け出来るように、製造・輸送コストの低減化・合理化を行っています。日本の皆様にもニューポート社の高い技術サポートと十分なサービスを提供できますように努めております。